室内でアーク溶接してみた

アーク溶接が使えると工作の幅が大きく広がるので

なんとか室内でできないかと色々模索してました。

サンドブラスト用のボックス内で溶接すれば

スパッタの飛散とヒュームが防げるのでは無いかと思い

一か八か試しにやってみることにしました。

100Vのノンガス半自動溶接が意外と使えるというので

IMG_20180627_150952

スズキッド アーキュリー80LUNAⅡを購入。

ノンガスタイプなのでCO2などのボンベが必要ないのがいいです。

電流は40~75Aまでなので大物の溶接には向かないですが

小物、薄物の溶接にはちょうどいい電流だと思います。

IMG_20180627_151252

中身はこんな感じです。

ワイヤーブラシと溶接ワイヤーが入っています。

IMG_20180628_155313

サンドブラストのボックスはイリイ サンドブラスト TR-135SB を購入。

IMG_20180629_152951

ボックス内のスペースは 横570mm  縦450mm 高さ270mmあるので

趣味で小物の工作する分には十分だと思います。

 

IMG_20180629_141100

溶接の煙を排気する必要があるのでダクトファンとダクトも購入。

IMG_20180629_150128

棚に取り付け。

IMG_20180630_043606

そのまま排気すると火花がダクト内に入り火災になる可能性があるので

一旦排煙を水に落とすようにします。

使ってないポットがあったのでこれを流用します。IMG_20180630_050001

ブラストボックス吸気口の金具に合わせて穴あけ。

ココから排気を吸い込むようになります。

IMG_20180630_052357

コッピングソーで蓋を切り抜き。

IMG_20180630_151528

塩ビパイプを入れて完成です。

塩ビ管が浸からない程度に水を入れて稼働させます。

IMG_20190206_193612

あとは塩ビパイプからファンまでダクトをつなぎ、

排気を外に出す用にダクトを窓まで引きます。

溶接の様子。

IMG_20180629_153401

試し溶接。

汚い( ´ ▽ ` )

IMG_20180630_154105

電流が低いのでベアリングのアウターレースににボルト溶接したりもできます。

IMG_20180701_082356

基本フル溶接するほどの強度が必要なことがないのでこんな感じに

点付けでもいろいろ作れます。

ボックスに付属のゴム手袋ですがかなり分厚いのでそのまま溶接に

使うことができました。

嬉しい誤算です。

ただ長時間溶接したり溶接後のものを持ったりすると

溶けてしまうので注意。

とりあえずこんな感じで溶接はできたのですが

フィルタ無しでそのまま外に排気したところ

煙が想像以上にすごかったので現在は使ってないですw

市販の空気清浄機を通して排気するようにできないか検討中。

排煙対策が終わったらまた使おうと思います。

以下購入品

Pocket